2017/03/22

きじびき高原から

きじびき高原 / 北海道北斗市





渡島駒ヶ岳。

夕霧に覆われている画面右側が大沼。その手前が小沼。
きじびきの展望台に立つと、あの秀峰の尖がりが幾分か冴えなくなっている。
やっぱり、大沼から見上げるから秀峰なんだろう。
そういえば、向こう側の室蘭からはあの尖がりすら分からない形だった。






2017/03/20

冬のサロマ湖

サロマ湖 / 北海道湧別町






札幌単身赴任生活が今年1月で終わった。
昨年の後半はブログ更新をサボり続けてきたが、写真の投稿を待っている友人知人がいることをこっちに帰ってきて知ったのだった。
前回の投稿から5ヵ月。
急に無精になった。
ブログの投稿がである。

最近はインスタグラムなるものが便利に感じている。
そちらでちやほやされて満足してしまったのもある。

自然の中にカメラを持って行くことは相変わらず続けてきた。
その甲斐あって随分と写真が貯まっている。





2016/10/18

燃える空

きじびき高原 / 北海道北斗市







大沼方面を撮影するために訪れた、きじびき高原パノラマ展望台にて。

炎が広がるような夕焼けは期待してもなかなか見られない。
今回は偶々だろうが、とてもラッキーだった。

2016/10/17

夕焼けの景勝地

仏ヶ浦 / 青森県佐井村






仏ヶ浦は奇岩の景勝地だが、陽が沈めば夕焼けの景勝地だと思う。

駐車場までの帰り道は、暗くなると電燈のない山道を登るため、
わりと早めに切り上げて帰ってしまう人が多い。
孤独や寂寥感と向き合えるなら、夕陽の絶景を独り占めできるはずだ。





2016/10/12

仏ヶ浦夕彩

仏ヶ浦 / 青森県佐井村







昼過ぎに青森空港に降り立ち、ここまでレンタカーで疾駆して3時間半。
到着した時は夕陽が沈みかけた16時半だった。
夕方だから観光客は喘ぎながら、海岸からの山道を登ってくる。
数人のカメラマンはとにかく下山する。

途中に東屋があるが、目の前の樹木が立ちはだかり見晴らしは全くない。

クマ出没注意の看板など目もくれず、
とにかく駐車場から一気に海岸まで下ると驚きの景観が広る。







2016/10/11

陸奥湾の黄昏

仏ヶ浦 / 青森県佐井村






以前、青森へ出張した折に利用した三沢空港で流れていた、
佐井村の観光イメージビデオに触発されて、夕焼けを見に来た。

写真は仏ヶ浦駐車場からちょっと離れた路上で撮ったものだ。
もうすっかり、日が暮れて夜の帳が降りてきていた。
わずかな日没色を、ISOを25600に設定し手持ちで撮ると、こんなに明るく写っていた。


ところで、此処に来て残念だと思ったのは、こういった夕焼けの景色や風光明媚な佐井村の海の景観を見渡せるところが少ない事。
いったい、あの観光用のビデオはどこから見えた景色なのだろうか。

たまたま仏ヶ浦で出会った、新潟から来ていた先輩に此処を教えていただいた。



2016/09/28

ハート形に抜けた空

あんない展望公園 / 北海道神恵内村









アプリを使ってこの写真を公開したら、けっこうなイイねをいただいた。
それも世界のあちらこちらからなのには驚く。
他の投稿写真よりアクセス数が多いのは、
雲の隙間がハート形をしているからではないかと、
手前勝手な分析である。

気になって、ハート形の雲の画像を検索してみると
いかにも加工ソフトで整形したものが多いことが分かった。

僕のは雲ではなく、雲の隙間がハート形だったという写真だ。