2011/05/16

朽ちる枝に



碓氷・妙義 / 群馬県
2011年4月下旬


Posted by Picasa




老いて朽ちていく枝に、数少ないが花をつけている。
苔むす幹、朽ちて折れる枝。
それでも、サクラとしての存在を示す老木。


碓氷軽井沢ICから西野牧へ下りて行く坂道で、この木に出会った。
この場所に何年生き続け、道行く人を魅了したのだろうか。


時々、桜は訴えかけるように、心へ話しかけてくることがある。
この木も雨の中、僕が来るのを待ち、雨の中で足を止めさせた。
昔、桜の木の下には、誰かが眠っている・・・とか言う話を聞いたことがある。
はたしてこの木は・・・

綺麗に撮ってやれないのが心苦しい。




0 件のコメント: