2011/03/30

神仙幽谷

 
武石峠 / 長野県
5月上旬撮影

Posted by Picasa



以前やってたブログで見た人もいるかもしれませんが。。。
ネタも尽きてしまうので、こんな姑息な手段で更新します。

色調やコントラストで表現を変えてみました。
この写真は、早朝の雨上がりを、美ヶ原へ向かう武石峠の下あたりで撮影したものです。
ちょっと緑がかった、水墨画のような雰囲気に仕上げてみました。

未だポジフィルムにこだわっていた頃のものなので、
スキャナーでデジタルに取りこんで作業をしました。



2011/03/29

大空はみ手のわざを示す

 
キビオ峠 / 長野県
8月下旬撮影

Posted by Picasa




今回は旧約聖書の詩篇第23篇より
ダビデの歌(祈りのことば)



主はわたしの牧者であって、
わたしには乏しいことがない。
主はわたしを緑の牧場に伏させ、
いこいのみぎわに伴われる。
主はわたしの魂をいきかえらせ、
み名のためにわたしを正しい道に導かれる。

たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、
わざわいを恐れません。
あなたがわたしと共におられるからです。
あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。

あなたはわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、
わたしのこうべに油をそそがれる。
わたしの杯はあふれます。
わたしの生きているかぎりは
必ず恵みといつくしみとが伴うでしょう。
わたしはとこしえに主の宮に住むでしょう。




神のご加護が皆さんと共にありますように。
祈りの波動は世界を包む。。。




2011/03/26

我が故郷の浅間山

3月下旬撮影
笠取峠付近 / 長野県







Posted by Picasa



我が故郷の山、それは浅間山である。

金沢市に単身赴任していた頃、
毎週月曜の早朝に東京から高速道を使って車で通っていた。
妙義からトンネルをいくつか越えて、長野県に入ると
この山の雄姿を真正面に見ることができる。
時には、夜明け前の薄明に浮上がるシルエット。
そして、朝日を浴びた神々しさをこの山に感じ、麓を通過した。


僕が小学生の頃、浅間山は噴火した。
住んでいたのは上田市だったので、
この山の噴煙は遠目とは言え、自然の驚異を目の当りにした。

この写真での山頂から吹き上がるのは噴煙だ。
夕日を受けて浅間の雄姿が冴えわたる。







2011/03/06

蓼科山

2009年10月下旬撮影
高峰高原より蓼科山 / 長野県



Posted by Picasa




主の山に登るべき者はだれか。
その聖所に立つべき者はだれか。
手が清く、心のいさぎよい者、
その魂がむなしい事に望みをかけない者、
偽って誓わない者こそ、その人である。

このような人は主から祝福をうけ、
その救いの神から義をうける。


詩篇 
第24編3節~5節



夜明けの兆し

 
2010年8月下旬撮影
木沢・峠地区 /  新潟県

Posted by Picasa

2月に怠けた分は更新しておきましょう。


昨年の夏休み・・・と言っても、金曜を有休にして土日を合わせた休日。
新潟へ日本海を見に行った帰り道に撮影。
帰り道と言っても夕方ではありません。

暗い夜道を登って(もちろん車です)トンネルのわき道を登ったところで撮影。

夜明け前の、雲が紅く染まる時間帯から撮影開始。






2011/03/05

Mt.Fuji



2011年1月下旬撮影
山口貯水池 / 所沢市埼玉県

Posted by Picasa

2月の更新はサボりっぱなしでした。
忙しかったのかな・・・。何かに心を奪われていたのだろうか。

仕事では新しいエリアも決まり、引継ぎがメインイベントな一ヶ月でした。
とは言え、遅くねえか・・・て感じですわい。



写真はいつもの場所で富士山を撮影。
山頂は薄いベールに包まれている感じに見えます。
雪でも舞っているのか・・・。
この場所からの富士山は手前に湖面が広がり、
山の向こうに一段と高い富士山が映えます。
しかし、写真をクリックして大画面にすると判るのですが、
鉄塔がド真中に写っています。

なので、僕は日が沈んでシルエット状にならないと、富士山望遠は撮りません。
雲に隠れていれば別ですが。。。
日中の景観としては、イマイチどころか有りえねえってところでしょうか。。。