2014/12/31

New Year's Eve

津別峠 / 北海道弟子屈町






除夜の鐘も鳴り始めました。
あとわずかで来年です。

僕の写真を見に来てくださってありがとうございました。


あと10件のPVで50,000を達成します。
来年早々に記録更新ですね。
世界の国々から、日本の各地からアクセスしていただきありがとうございました。





2014/12/30

冬の石狩浜

あそびーち石狩 / 北海道石狩市









2014/12/29

土砂降りの雪

石狩樹海ロード / 北海道占冠村






年末なので大急ぎで整理してます。
今年のモノは今年のうちに投稿。

でも、なかなか出来そうもありません。



2014/12/28

暗い海

神威岬 / 北海道積丹町






沼前岬の撮影を始めたころ、反対側の神威岬あたりは吹雪直撃で何も見えなかった。

しかし、頻りに雪を降らせていた吹雪も通り過ぎると、
一時的ではあったが、神威岩の雄姿を拝することができた。


この海一帯は寒波の影響で鈍い空の色。
その上、日没時間も迫って、僕好みの暗い写真になりました。

白い波すじ際立つ荒海です。










2014/12/27

沼前岬と荒れる海

沼前岬 / 北海道積丹町






日本海が荒れる12月には積丹半島へ出かけようと考えていたところ、
折よく天皇誕生日の前日には、景気よく雪も降り始め日本海側は大荒れの様子となった。
仕事をしている札幌市内は晴れていても、手稲から小樽にかけては物凄い雪が降る。

その祝日に思いを遂げるため積丹半島に向かった。


案の定、半島は荒れ模様。
雪の路面に車のタイヤが滑るたびに心が折れる。
岬へと向かう峠道では前後不覚になる吹雪にも遭遇。

昼前に札幌市内を出発した筈が、もう夕暮れが迫っている。
この季節の北海道は15時半といえば夕焼けの時間だ。


這う這うの体で何とかたどり着き、
この場所に立つと、僕が思い描いてきた冬の景観があった。

轟音とともに岸壁に打ち寄せる強烈な波。
嵐吹く灰色の空。
その空の色と対照的な雪に縁取りされた岬の岩壁。
暗い波間に、時折エメラルドグリーンの波が光っていた。






2014/12/21

冬の海水浴場

あそびーち石狩 / 北海道石狩市







晴れていれば小樽方面が見えるのかな。
おそらく小樽辺りはガンガン雪が降っているのだと思う。

それにしても風が痛い。
ユニクロで買った「暖パン」という防寒ズボンが重宝した。
それと毛糸の手袋では指先は悴むことが分かった。


ところで、
浜辺の雪がイイ感じに乗っかって冬らしい雰囲気に仕上がったと思う。






2014/12/20

木に積もる雪の音

北海道占冠村






降りだした雪が小休止している合間の黒い森の中で。


山の中に育った僕は木に積もる雪の音が好きだったりもする。
風が無ければ静寂そのものなのだが、
静寂に包まれたその中に雪が積もることで生じる枝や葉の音がある。

子どものころを思い出し、この黒い森の中に暫し留まってみたのだが、
年の所為か耳鳴りの方が大きく、木に積もる雪の音が掻き消されてしまう。。。








2014/12/19

ウトナイ湖・夕景

ウトナイ湖 / 北海道苫小牧市






鉄塔が入ってしまうと興醒めしてしまうので、
左側をバサッとトリミングしてみた。
トリミングした部分の水面には夕陽を迎える空模様が写り込んでいたのだが、
かなり中途半端になってしまい自分の力量の無さに意気消沈気味。

このウトナイ湖、鉄塔さえなければ魅力的な場所なんだけどなあ。。。





2014/12/18

ローソク岩・夕景

ワッカケ岬 / 北海道余市町







荒れた海と紅い空を想像しながら来たのだが、意外に穏やかだった。
無表情に近い海と空の記念写真。

小樽方面から国道229を進み、ワッカケトンネルを抜けたら直ぐ右にある休憩場から。
画面には入れてないが、左には滝ノ澗ノ岬があって日没は直接見られない。
この場所は車数台置けるスペースがあるので、釣り人には都合がいいのかもしれない。

このローソク岩に夕陽が沈むポイントを探してみようと思う。



2014/12/17

荒波と吹雪

あそびーち石狩 / 北海道石狩市







波の花を撮っている頃、刻々と空模様は変わっていた。
海の向こうの灰色の壁は吹雪になっているところ。
日本海で出来あがったばかりの雲は、
シベリア方面から吹きつける寒気の影響でこの辺りに雪を落としています。






2014/12/16

波の花

あそびーち石狩 / 北海道石狩市







もう、かれこれ十年前、北陸に勤務していた頃。
福井県の海岸へ「波の花」を見に行ったことがある。
日本海の荒波が砂浜の泥から何から呑み込んだような色で出来あがった泡だ。

あの時に見た波の花は、田んぼの代かきの時の泡のようだったが、
此処のは氷の化身のように白い。
そして迫力もかなり欠ける。

浜に打ちあがった波の先が凍るように泡立ち、
吹きつけた風に追われて、ネズミのように走り去っては、その先で消えていった。







2014/12/11

牡鹿半島の海岸

牡鹿半島 / 宮城県石巻市







南三陸金華山国定公園。

望遠レンズなので近く見えるが、本来は遠いはずだ。
しかし、強い海風に乗って、あの岩に打ち付ける波の音が峠道まで聞こえてくる。
白い波が立つと聞こえる、激しく太鼓を叩く様な荒々しい音だった。






2014/12/10

紅葉の残り

双観山 / 宮城県松島町





松島湾の展望のいい場所ということで、双観山に立ってみたものの、
おりからの雨に邪魔されて感動も少ない。
その上、展望台のくせして松の枝にも邪魔され、大きな視界が得られない。


11月末といえば紅葉のピークはすでに過ぎてはいたが、
それでも枝先で頑張って目を引こうとする紅い葉があった。
凍みてしまったのだろうか、少しずつ朽ちている。
枯葉の敷き詰められた地面を背景にしてみた。
雨に濡れてか、心なしか鮮やかに見える健気な葉だった。













2014/12/07

ああ松島や

松島海岸 / 宮城県松島町






最近つくづく雨男だと思う。

先日、仕事の都合で仙台に出かけたので、
その序でとばかりに松島観光をしたが、此処でもしっかり雨に降られてしまった。
レンタカーを使って場所を移動し雨から逃れても、
晴れていたその場所に雨が追い付いてくる。


人生初の松島。
松尾芭蕉が本当に絶景に感動し、ああ松島や松島やを詠んだのか・・・。
日本三景に数えられた名勝を、四大何とかを三か所から眺めてみたが、
雨の所為か自分はそれほど感動もしなかった。
きっと僕の感性はそんな程度なのだろうと、ちょっとばかり気落ちした。


写真は最後の最後にちょっとだけ晴れ間が覗いた瞬間を撮った。


ところで、ああ松島や・・・は芭蕉の作ではないと、この旅行のあとに知った。



2014/12/06

ウトナイ湖

ウトナイ湖 / 北海道苫小牧市






前回に続きウトナイ湖の夕景。
近くを国道が走り、道の駅がこの湖への玄関口になります。
高速道路からもアクセスしやすい場所です。


渡り鳥の中継地ということで、雪が積もる頃に再訪しようと思います。






2014/12/05

ラムサール条約の湖

ウトナイ湖 / 北海道苫小牧市




ウトナイ湖の夕景。
新千歳空港も近いので、上空を離着陸の飛行機が行き来します。

ラムサール条約の登録地なので、渡り鳥も飛来する有名な場所。
夕方になると巣に帰る鳥が群れを成して、ここを飛び立って行きます。
しかし、写真を撮ろうとすると、湖のほぼ全周にわたって存在する鉄塔が写り込む。
非常に興醒めしてしまう風景だったりします。










2014/11/27

故郷の山

アルプス展望広場 / 長野県小川村




もう何年も前になるが、自分の子供がまだ小さい頃、
実家の親父の案内でドライブをしたときに此処へ来た。
季節はよく覚えてないが、この山の向こうに更に高いアルプスの峰が聳えていた。
それと、夕方近くの時間に三脚を立てていたカメラマンがいたことだけはよく覚えている。


それ以来、桜の季節になると思い出してはここに来た。
この辺りは山桜の名所なのだから。
この写真は、昨年のゴールデンウィークに寄った時のもの。

高く聳えているはずの頂には重い雲が雪を降らせている。
雲の切れ目から、射し込んできた陽が稜線を照らし出している。
天上の音が聞こえそうな瞬間。





2014/11/24

原野を刻む

赤岩青厳峡 / 北海道占冠村






手付かずの自然っという表現があるが、
この谷もそうかもしれない。


シムカップ原野。
地図にはそう表記がされている。
大昔、地殻変動で出来あがった、わずかな地表の裂け目に鵡川が流れ込み、
長い年月をかけてここの渓谷美を作り出した。




2014/11/23

島牧の海

北海道島牧村






夕陽の名所なるものが全国にはたくさんある。
しかし、目の前の立ち木が邪魔したりで、意外と視野が得られないことがある。

でも海岸であれば良好な視界を得ることができる。
日本海側に限られてくると思うが。


此処は特にそんな名所でもなく、日没の時間にたまたま居合わせた場所。

打ち寄せる波に日没の光が入り、いい感じに海面が明るい。
いつもは影にして撮ったりしている波が、ちょっとだけ自己主張をしているようだ。





2014/11/22

赤岩青厳峡

赤岩青厳峡 / 北海道占冠村







赤岩青厳峡を橋の上から見下ろす。
左岸が赤い岩、右岸が青い?岩。
地殻変動で避けた地盤に鵡川が流れ込み渓谷を形成したような感じですか。


この渓谷はロッククライミングのメッカなのか、
あの岩この岩にハーケンが打ち込まれていて、
岩肌に残置されているのが痛々しく思えてなりませんでした。




2014/11/20

赤い岩

赤岩青厳峡 / 北海道占冠村





銘打つだけあって、ここの岩はとにかく赤い。

村立自然公園 赤岩青厳峡。
鵡川が流れる渓谷のこちら側が赤い。
反対側は青いというより緑に近い。

10億年前は海の底だったらしい。
海底火山の猛烈な活動により出来上がった景観だとか。





2014/11/19

風の翼

北海道島牧村






スローシャッターで撮っていた海岸はこんな雰囲気。


岩の海岸にガンガン打ち寄せる白い波。
空には風の道筋が描き出された。
強風に打ち砕かれた雲が風に乗って飛び散っているようだ。

太陽が沈むと、雲が朱く染まりだす。
すると風の道筋に翼が開いた。
追い風をものともせず、その翼は宵の彼方に消えていった。





2014/11/17

スローシャッター

北海道島牧村






昨日に続きもう一枚。

こっちの方が岩に表情があっていいかな。







2014/11/16

スローな感じで

北海道島牧村







雷電国道を本目海岸そして歌島沼と走って、
道なりにちょっと進んで出会った海岸の景色。

本当は風も強く、波も立っていたがシャッタースピードを遅くしてみた。
すると穏やかな波打際に見えてくる。
実際はもっと岩がゴロゴロしているのだが不思議な表情に変わる。







2014/11/15

紅い白樺の森

月越原野 / 北海道島牧村






先日投稿した「白い森」から道沿いに下ってきたところで、
夕陽を背に受けた順光で撮ったもの。

光線の角度でこれだけ雰囲気を変える此処の景色に感動。
不思議な森の世界だ。



2014/11/14

阿寺渓谷のもみじ

阿寺渓谷 / 長野県大桑村






エメラルド・グリーンの沢の流れに映える紅葉を思い描き続けて、
この渓谷に足を踏み入れたのですが、
いまの自分にはこれで精一杯。

もっと歩いて探すべきだったかもしれません。


北海道をはじめ北国の紅葉は終わりを告げた様子です。
札幌市内は午後からイイ降りかたの雪模様。
週末も連日のように雪マークがついてます。

これからは冬の写真が増えますね。






2014/11/12

岩倉川支流

柿其渓谷 / 長野県南木曽町





紅葉の道標から更に上を目指す。
真っ赤に彩られた沢を見たかったから。

しかし残念にも落ち葉があっても紅葉してない。

橋の上で三脚を立ててスローシャッターで撮る。

紅葉のする場所としない場所があるようだ。








2014/11/11

紅葉の道標

柿其渓谷 / 長野県南木曽町







実際には柿其渓谷より、さらに登った岩倉という地区で出会った紅葉の木。

辺りが青々としている森の中で、この木だけが目印のように赤く染まっていた。

分かれ道にこの木が立っていたので道標のようにも見える。




2014/11/10

白い森

月越原野 / 北海道島牧村






春にも、此処で芽吹きの写真を撮った。
あの時もここの森は白く輝いていた。 ⇒リンク先

霧氷の様にも見える表情。
でも日没一時間前の斜光線で、不思議な色合いになりました。

黒松内から島牧に抜ける峠道。
風力発電の風車が見えるトンネル手前にて。







2014/11/08

阿寺渓谷の紅葉

阿寺渓谷 / 長野県大桑村






今年の秋の週末はどこへ行っても雨が洩れなく付いてきた。
この週末も雨に打たれながらの撮影だった。

実家の用事があり、そのついでに木曽に足を運んだ。
色合いはいいと思うのだが、曇天の空からは一筋の光もこの谷へは射しこまない。
黙々と撮ってはみたが、こんな体たらくだ。

この写真の一番手前にある木の幹は邪魔なんだけど、
廻り込むと崖から数メートル落ちるか、
その反対側は藪に行く手を阻まれてしまうのだった。







2014/10/29

燃える火の玉

キウスPA / 北海道千歳市







高速道路を走行中に、絶賛される夕景に出会ったことが多々あります。
この日は道東方面撮影の帰り道で遭遇。
雨模様だから諦めて早々に撤収しての出来事。
焼ける空に撮りたい衝動。
しかし高速道は一般道と違い路駐が出来ない。
しかも、道東道は単線区間が度々あり、文字通り高速度で走っても、
遅い車を追い抜けず、見る見る空の赤みが消えていく。
やっとたどり着いたパーキングエリアで空を見上げる。
全体に赤かった雲が色褪せている(涙)
でも、この火の玉だけは再燃焼してくれた。





2014/10/28

もみじの谷

紅葉谷付近 / 北海道登別市







紅葉谷付近としているのは、地名が分からないから。
その隣の中国式の塔が見える、あの橋の上から撮ったもの。
橋の本には駐車場もあり、多くのお客さんに恵まれた場所です。
でも、ちょっと遅かったかな。終盤に差し掛かった雰囲気でしたね。




2014/10/27

大平高原牧場にて

大平高原牧場 / 北海道遠軽町






ここは360°の大パノラマを謳った高原牧場。
しかし、前日の快晴と打って変わり、朝から曇天。
雲さえ無ければ、雨さえ降らなければ、美しい見晴らしがあったはず。
とりあえず訪問の記念に牧場脇の道筋で紅葉の写真を撮る。
わかるかな・・・おまけに赤い木の実も添えてみました。



再訪問の参考⇒ドライブナビ




2014/10/26

紅葉のにしき

紅葉谷付近 / 北海道登別市









夕方へと差し掛かる午後の陽射し。
斜光線は谷間の紅葉を明暗に分けて映しだしている。
一枚試し撮りをすると、ライトアップされたように撮れている。
橋の上から真下に向けて、お花モードで速射。


このたびは 幣もとりあえず手向山 紅葉のにしき神のまにまに。

不思議なものだ、何故か子供のころに覚えた百人一首を思い出す。




2014/10/25

秋の山裾

丸瀬布温泉 / 北海道遠軽町






季節なので秋の景色シリーズで。

真っ赤な紅葉を探しに出かけましたが、折り悪く曇天。
少しだけ薄日が射す山裾を撮ってみました。
北海道の山裾は白樺が混ざっているので、とても興味深いです。




2014/10/24

物語の木

美幌峠 / 北海道弟子屈町








美幌峠の展望台から駐車場に向かう途上の木立ち。
物語の木というのは僕が勝手に呼んでみただけ。


3人の大人と1人の子供かな。
夕暮れの路上で、出会い頭に驚いている様子に見える。
暮色な色合いを背景に影絵的な木の配置。
滑稽なほどに個性的な仕草に、味わいを感じたりした。







2014/10/23

Angel's ladder

北海道美瑛町






前回の投稿と同じ場所から時間を変えて。

風景の中の切り取った画角の中で光線の具合がベールの様に見えますね。
非常に神秘的で、後光が差したと言う感じでしょうか。
太陽が雲に隠れ、その雲の切れ目から光が漏れだして、
光の柱が放射状に降り注いでいる状態です。









2014/10/19

光の筋

北海道美瑛町







丘の一本の木を探しているかのように、
天からの光の筋が左から右へと流れていく。
光の向こう側には美瑛の街並みが見えていたはずだが、
雨が降り出したのかベールに覆い隠されてしまった。


今回の天使の梯子はいい感じに動いてくれた。
バリバリ出まくりと言うぐらいに、雲の流れに合わせて梯子が降りてきた。






2014/10/18

紅緋おぼろ月

北海道美瑛町






日没の残照を浴びて紅緋に染まる朧月。


紅緋(べにひ)は日本の古来からの色らしい。
正確に言ったら、これは紅緋色ではないかもしれないが、
以前に読んだ何かの本で知り、せっかくだからここで使ってみようと思ったわけです。





2014/10/17

夕景の斜里岳


美幌峠 / 北海道弟子屈町




日没後、ようやく斜里岳に架かった雲が、
残照を受けて赤みがついてきた。

あの山の向こうは知床半島がある。

屈斜路湖と斜里岳の蒼い寒色系、
残照を受けて赤く染まる空の暖色系のグラデーションを狙ってみた。






2014/10/16

紅葉

遠軽国道 / 北海道北見市






遠軽国道(333号)を北見市から佐呂間町へと向かう途上にて。
道路脇のパーキングからちょっと歩いたところ。

紅葉の前に立ちはだかる樹が邪魔で、右へ左へ展開してみたものの、
人跡未踏の様な藪の中の窪みに足を取られそうになる。



今回の10月の連休は台風19号の影響もあり、
北海道の天気は中日の日曜は快晴に恵まれたものの、
土曜と月曜は雨模様だった。
この台風、一週間前の史上最強と言われていた18号よりも、
さらにパワーアップされた史上最強の台風で、
九州にいるのに、オホーツクの寒気を引っ張り込むほどの猛者だった。




2014/10/15

蕎麦畑にトンボ?

北海道美瑛町





気分を変えて、日中に撮った蕎麦畑。

かさかさと羽音を立てて飛来したトンボ。
写すつもりもなかったので、センサーダストのように写り込んでます。
拡大しないとわかりませんが・・・。




2014/10/14

美瑛の空 Ⅵ

北海道美瑛町





第6弾!


これなら大地の雰囲気も感じていただけるでしょうか。
実際は影絵のように暗く仕上げるのですが、
デジタル処理で大地を明るくしてみました。





2014/10/12

美瑛の空 Ⅳ

北海道美瑛町





シリーズ第4弾。


広角過ぎてランドマークが分からない。
なんとなく同じ場所だと思われる。
というのは、歩き回って、ちょっとずつ雰囲気を変えたりしている。

わからないと思いますが・・・。




2014/10/11

美瑛の空 Ⅲ

北海道美瑛町






シリーズⅢ。


こうやって見ると、確かに丘のまちだ。
上空の雲の紋様が、すぐそこに浮かんでる雲と様子が違う。
空の景色が好きで撮ってる割には雲の名前が分からない。
画面を二分している面白い雰囲気。







2014/10/10

美瑛の空 Ⅱ

北海道美瑛町






前回に続く。

いまになって思い出せば、どこか有名な丘から、さらに奥に入った所。
そう言ってしまうとかなり広域になってしまう。
有名な丘はこの町にはたくさんあるから。。。


残照を受けて輝く雲を狙ったものだ。


上空に風が出てきて、散らされていく雲。





2014/10/09

美瑛の空 Ⅰ

北海道美瑛町






今年8月が人生で初の美瑛。
丘と木ばかりが気になって、このブログにも何回か投稿した。
しかし、それっきりで空のことを忘れていた。

美瑛のどこの丘から狙ったものか思い出せないが、
十勝連峰と小さいが月を撮ったものだ。
残照に染まるベールのような雲と、峰の上の白い雲、
そして夜へと変わる空の色とマッチング。

望遠レンズを駆使して撮るのもいいが、
画角の広い広角レンズで切り取った風景の方が自分には好みだ。




2014/10/08

雌阿寒岳と阿寒富士

オンネトー / 北海道足寄町







天候や時間によって五色に変わると言われている沼。
ここにたどり着いたときは、すでに日没になりかけていた。
当然のように、色気のない沼には目もくれず夕陽の照返しを狙った。

美幌峠で雲行きが怪しくなり、
早々に引き揚げてきた日の最終地点。

九月末では紅葉は未だほんの一部に過ぎなかったが、
沼が五色なら、紅葉もきっと映えるに違いない。




2014/10/07

霧の釧路湿原

釧路湿原展望台 / 北海道釧路市







朝日が出て間もない頃の釧路湿原。
放射冷却の影響もあり、日の出前から霧に包まれていたはず。


霧を撮りに行っておきながら、なかなか思い通りに撮れなかった日の1枚。
この湿原の朝を撮ろうと、札幌から出向くとなると相当な覚悟が必要になる。