2014/08/30

石狩湾夕照

石狩湾 / 北海道札幌市





この同じ場所から、前回前々回の丘の雲の写真を紹介しました。
今回は丘と反対側の石狩湾の夕景から。


札幌市の手稲あたりから小樽にかけての山並みに、白い雲がかかっている。
陽が沈みはじめ、その夕陽に染め上った雲が、雪の山を思わせるような錯覚。
終わりかかっているとはいえ夏の季節なのだが、不思議な光景に出会った。




2014/08/29

迫りくる黒雲

 / 北海道石狩市




前回からの続き。


本当はこの写真の方が数分も前に撮ったもの。
時間の経過と夕陽の照返しで紅い色がつき雰囲気も変わる。

この写真だと、なにか異変を感じさせる黒雲が迫ってくる。



不思議なものだ。

つづく。。。




2014/08/28

丘の上の雲

嶺泊展望台 / 北海道石狩市






坂の上の雲ならぬ丘の上の雲。

この場所は石狩湾を望む夕陽が綺麗な展望台。
が、さらに行ったところに『恋人の聖地』と謳った名所もあったりする。

下に場所のリンクがあるので、地図を開いて確認してください。



前夜に雨を降らせた前線の影響もあり、いい感じに雲が流れて、
この日の夕焼けはとても綺麗だった。
場所もちょっとした駐車スペースもあり、夕陽を見に来るお客さんが引切り無しに続いた。

そんな皆さんを尻目に反対側の丘の上のドラマチックな光景をパチッ!と。

つづく。。。






2014/08/26

夜のとばり

草津白根山 / 群馬県草津町





夜のとばりが降りてくる。


夕陽を遮る分厚い雲が流れ込み、帳のように降りてきた。
目の前の彩色豊かな光景に幕が下りようとしている。


この日、関東平野は概ね快晴。
そこへ谷川岳を越えた日本海側の湿った雲が上空に到達した。


こんな自然の動きで目の前の景観が変わったりする、
風景写真の醍醐味でもある。





2014/08/25

草津白根山から

草津白根山 / 群馬県草津町




前回のついでに。


もう夜の扉が降りてきてます。
東京方面を見たところ、たしか・・・。


もうしばらくすると一番星が見えたりする時間帯です。

子どものころは田舎で育ったこともあり、
友達とこんな時間になるまで山の中で遊びほうけていました。

その所為か、こういった色合いの時間帯が好きであったりします。






2014/08/24

北上州の山並み

草津白根 / 群馬県草津町




写真のデーターには2010年9月とある。
場所は草津白根山へ登る路上だ。

このころはEOS 40Dで撮っていた。
このカメラを持つまでポジフィルムで撮っていたが、
フィルムカメラと違ってデジタルカメラの便利さに感心したものだ。
なんといっても撮ったその場で画像確認ができる点と、
現像なしで投稿やシェアができるフットワークの良さ。


草津白根山から山田峠、渋峠から志賀高原へのルートにはよく出かけた。
車で一気に高度をあげて上から目線で山の表情を眺める。
実に気持ちのいい場所だからだ。

風が強い夕方なら、三脚を立てたまま移動せずに撮る。
陽が傾いたあたりから日が没するまで、
光線の色合いも変わり、強風にあおられた雲がどんどん形や表情を変えてくれる。






2014/08/23

木曽路にて

馬籠宿 / 岐阜県中津川市





中津川の実家に泊まると、此処にはよく足を運ぶ。


此処は馬籠宿、中仙道の宿場町だ。
そして木曽11宿の一番南にあるので、京都から来れば木曽路の入口になる。
江戸時代の雰囲気が宿場町ごと残されているので、季節を問わず観光客が多い。

ここから、谷を挟んだ向こう側には恵那山がある。
今回は残念ながら、夜通し雨を降らせた雲があり、姿は見えない。


谷間から霧が立ち、天へと昇っていく。

恵那山の裾の山襞が幾重にも筋のように見えてくる。

宿場町の中にある展望台から、自然の営みを見ながら深呼吸をし、
心を清浄にすると新たな思いが湧きでてくる。







2014/08/22

柿其の谷

柿其 /  長野県南木曽町





以前、柿其渓谷を投稿したことがある。

木曽川流域には美谷や清流、柿其の様な隠れ里があり、その独特な趣きが旅愁をさそう。


今回はお盆の帰省に合わせて、寄り道などをして木曽川沿いに中津川へと向かう。
この日は昼過ぎから雨があったらしく、川にも山にも雨上がりの霧がたっている。

阿寺渓谷から恋路峠を越えて、柿其の集落を通過するころには陽も傾斜して、
木曽の山々の雲もいい雰囲気に染まりだしていた。

集落の中にも見晴らしのいい場所はたくさんある。
特に、谷に向かって曲がっている路上からの壮大な眺めには感動する。

しかし、電柱や電線がどうも僕の肌にはなじまない。

そうして集落の外れまで行ったら、標高もかなり低くなり、
夕陽の色も終わり始めていた。





2014/08/21

揺蕩う霧

根釧国道 / 北海道厚岸町





霧多布続きで。


実は霧多布湿原、霧多布岬では、こんな感じに揺蕩う霧を思い描いていたのです。


厚岸に向かって走る、早朝の根釧国道(44号)はいい感じに霧に包まれていたので、
何年も思い描き続けた霧の瞬間に遭遇するものと我が心は高ぶっていたのでした。
しかし到着した厚岸望洋台にて、わが心の高ぶりは無残にも打ち砕かれてしまった。

目の前に広がる厚岸湾には霧が全くなかったのだ。


もし、湿原にも岬にも霧が無ければ・・・と思い、もと来た道を戻る。
さっきまで道路わきを包んでいた分厚い霧が風で流されている。

慌ててオートで数枚撮る。
そして脚使用でモードを変えて数枚撮る。

思い描いていた場所で思いを遂げられなかった時の保険。









2014/08/20

霧多布岬

霧多布岬 / 北海道浜中町





本当の名を湯沸岬(とうふつみさき)と言うそうだ。

だから霧多布岬は別名になるのかな。


霧多布の字並びから、霧の中にこの岬が見え隠れしている様を思い描いていた。
海面にも上空にも霧が渦を巻いていて、
陽の光を受けては薄らと岬の岸壁が見えたりする、
そんな光景をずうっと頭の中に思い描いてきた。

そして、その思いを胸に、ここへ足を運ぶ日がきた。


どうやら霧多布の文字は、僕の空想に事欠かなかったようだ。











2014/08/19

青い池の畔で

青い池 / 北海道美瑛町





青くない青い池。

朝から曇りだったこと。
昨晩の雨の影響で青味がない、青い池。

努力の割にはがっかりした鈍い碧さ。

とは言っても、鏡面仕上げな水面には感動。
季節を変えてまた行ってみようと思ったりした。








2014/08/18

暮色網走湖

網走湖 / 北海道網走市





網走湖畔にて。

もっと早くこの場所を見つけていれば、目玉の様な夕陽が撮れたはず。
とりあえず日没後の暮れ色に染まりだした湖上の空。

穏やかな水面を手前に配して記念写真。



2014/08/12

青い池

青い池 / 北海道美瑛町





もっと青いのかと・・・。


前日からの雨が明け方まで残っていたからか。
天気もさほど良くなくどんよりとした曇り空だったからか。
日ごろの行いが良く無かったからだけではないだろう。

眠い目をこすりながら、頑張って行ったのに不満の残る色でした。

それでも、たまたま雲間から陽の光がこぼれたタイミングと、
画像コントラストを上げるというフェイクな術を弄して。





2014/08/11

寿都湾夕景

弁慶岬 / 北海道寿都町





寿都湾の入口、弁慶岬から。


この日は風がとても強い日で、三脚を立てたが手振れ写真が続出。
何といっても風の名所だけある。

向こう岸の峰の雲も尾を引くほどの強風だ。



7月下旬の連休にて。

2014/08/10

根室海峡夕景

野付半島 / 北海道別海町





あの向こうに見えるのは知床半島。

根室からかけ離れたところなのに根室海峡。
あの知床半島と国後島の間の海域をそう呼ぶらしい。
もちろんこの辺りの海域も同様らしい。

歌に聞く遥か国後は、この画面の右の方にあり、写真には映ってない。



何回か投稿した野付フラワーロードから。




2014/08/09

霧多布湿原の花

霧多布湿原 / 北海道浜中町





性懲りもなく、もう一枚。

霧多布の草原の中のヒオウギアヤメ。
前回投稿が群生としては物足りなさを感じたので、
草原の向こうまで紫色に染まっている写真を探し出してみた。

これだといくらか群生地の雰囲気も出ている。


エゾカンゾウが黄色ならアヤメは紫色に草原を染めている。










2014/08/08

夕焼け雲

霧ケ峰高原 / 長野県諏訪市





花続きのなか、ちょっと気分転換に。
小生の往きつけの場所、霧ケ峰高原にて。


その日の天候だろうと思うが、夕焼雲の気分がいいと立体的な夕焼け模様になる。
不思議なものだが、のっぺりとした雰囲気の夕焼けも意外と多い中、
久しぶりにやる気を見せてくれた空でした。






2014/08/07

野付フラワーロード

野付半島 / 北海道別海町






野付半島にて、
この辺一帯を黄色に染めている花はエゾカンゾウと言います。

よく行く霧ケ峰高原ではニッコウキスゲが咲いている季節。
エゾカンゾウの花色の方が濃い黄色に感じるぐらいで、咲いている雰囲気も同じに思える。

ニッコウキスゲは高山に咲いて、エゾキスゲは海の近くの低地でも咲いている。
ここら辺りは長野の高山帯と似通った気候なのだろう。




2014/08/06

ヒオウギアヤメ

霧多布湿原 / 北海道浜中町





実は厚岸町ある、あやめヶ原に名前通りのアヤメ群生を見に行ったのだが、
ピークを過ぎてしまったのか、フラれてしまった。


しかし、霧多布湿原は今が盛りと言わんばかりにヒオウギアヤメが咲いていた。

海岸を走る道路端に遊歩道まで設えてあり、
駐車スペースに止めて湿原の一部を見て回れるようにしてある。


広角レンズで湿原全体を見渡せるようにして撮っては見たものの、
紫色の点がバラバラと見えるだけで、アヤメらしさを感じさせない残念なものばかり。
この写真は望遠にしてアヤメらしさを捉えてみたが、
画面全体に広がる紫の野原という雰囲気を出せない反省の写真だ。

今後研究し直して同じような景観にチャレンジするよ。






2014/08/05

エゾイソツツジ群生地

川湯温泉 / 北海道弟子屈町






津別峠で火の鳥に出会ったあと、なんとなく車を流して硫黄山山麓に。
この辺り一面に白い花が広がっている。
さすが群生地と言うだけある。

小生の車の安いナビにもエゾイソツツジ群生地と出ていた。

硫黄山には目もくれず、ひたすら撮ってしまった。






2014/08/04

十勝川の花

十勝川資料館 / 北海道池田町




釧路からの帰り道に、ちょっと寄り道。

十勝川資料館のある土手には、黄色い花が一面に広がっていた。
いつもそうなのだが、発色が鮮やかで撮るのだが、
大概はその花の名前すらわからないことが多い。

近くに立て看板でもあればメモでもするのだが。




2014/08/02

神の子池 パワースポット?

神の子池 / 北海道きよさと町






碧くなければ神の子池じゃないかもしれないが、
向こうの林の中の神の子池と、
大雑把に言えば瓢箪型になってこの池とつながっている。
そして、小生が立っているこの下で沢となって流れていく。

池の真ん中に三本の枯木があり、その株元にいい感じに苔が貼りついている。
こういった苔のある雰囲気も結構好きだったりする。

そこへ、ふわふわっと霧でも出ていたら妖精が見えそうな気がする場所だ。

クマの注意書きがなければ、瞑想をしたい気分になる。
そうしたら何やらパワーをいただけるような気がする。




2014/08/01

神の子池


神の子池 / 北海道きよさと町



神の子池


クリスチャンであればこの名にヒットする。

この池の中の倒木は長い年月かけて化石になったらしい。
それにしても碧い。
鏡の様に周りの木々をよく映す、澄みきった水だ。

残念ながらオショロコマには出会えませんでした。


実は駐車場にあるクマ出没の看板にビビり、落ち着いて撮れなかったのが悔しい。
早朝だったこともあり、ここを訪れる人は自分一人。

かといって、訪問客が多ければ水面に映っちゃったりして。




名前の由来については下記にある、地元の観光協会のHPを参照してください。