2018/06/30

上田城夜桜

上田城址公園 / 長野県上田市






夜の部の上田城の桜。

いまいちで良く分からないけど。

上田城、いつから桜の名所になったんだろう。
40年前はこんなだったかな。
いや、歳月と共に桜も大きく成長したんだ、と思おう。

お壕の周りもライトアップされて、とても幻想的だった。




2018/06/29

十和田湖畔のオオヤマザクラ

十和田湖 / 秋田県小坂町





2018年観桜ツアーはここが最終地点だった。

今回のGW後半は雨ばかりだった。
といっても二泊三日の強行軍で、二日とも雨と言うのは余程の雨男だと自覚した。




2018/06/28

信濃比叡の八重桜

信濃比叡廣拯院 / 長野県阿智村





去年のGWはこの上の『駒つなぎの桜』を見た。
しかし今シーズンは異常気象でもう花は終わっている。
だから八重桜。

このあたりは花桃の里として知れている。
花桃の里は結構あちらこちらにある。
だから、この辺りは日本一を謳っている。

でも、僕は桜を見に行ったので拘って八重にした。
八重桜はいつもの桜が散ってから咲くからね。

ちなみに、花桃も終わりかけていた。



2018/06/27

稲城あじさい寺

妙覚寺 / 東京都稲城市





通勤途上で寄り道して紫陽花の写真を撮る。

よみうりランドの峠道沿いにある妙覚寺。
参道入り口には妙覚禅寺とあるが、ナビで調べてもウェブでしらべても妙覚寺とある。
この寺は室町幕府第12代将軍足利義晴公の開基とあるから何らかの関わりがあるのだろうか。

ちなみに京王よみうりランドからは歩いて数分のところにある。

また、近くには北条氏康公初陣の小沢原古戦場があり、
同じ丘陵に小沢城址があるので、歴史ファンであれば知っているのかもしれない。







2018/06/26

弘法大師ゆかりの桜

弘法桜 / 岩手県雫石町




小岩井農場の一本桜が雨であれば、当然此処も雨だった。
クルマで移動しても数分の距離だ。
そして、雨より残念なことは弘法桜は盛りが過ぎて随分散っていた。


弘法大師が杖にしていた桜の枝がこのような立派な桜の木になったそうな。
推定樹齢800年のエドヒガン。
気になって調べてみると弘法大師は774年生まれだ。
800年代の前半に活躍されている。
となると樹齢は1200年は欲しいところだ。

つまり、御大師様にたいする信仰心が成せる業だと思う。





2018/06/25

雨の一本桜

小岩井農場 / 岩手県雫石町





小岩井農場の一本桜

僕が如何に雨男か、上のリンク先を見れば一目瞭然である。
夜中一睡もせず走りに走って、此処に着いたときは雨だった。

一度撤収して夕方に出直しても雨だった。
そして数枚。
影絵のような一本桜の出来あがり。

あの木が桜に見えるように、上のリンク先で確認してほしい。




2018/06/24

アークヒルズ桜並木

アークヒルズ / 東京都港区




アークヒルズ続きで
一番桜が賑わっていた並木道。
地下鉄駅を出て直ぐの上り坂だ。

息苦しくなりそうなぐらい桜に勢いがある。





2018/06/23

仙石山森タワーと桜

アークヒルズ / 東京都港区





アークヒルズ仙石山森タワー
イイ感じにショーアップされていて美しい桜だった。
アークヒルズと言う街自体が桜に縁取りされた感じで美しい場所だ。

桜の名所だからか、やっぱり目当てにして来ている観光客も多い。





2018/06/22

アークヒルズにて

アークヒルズ / 東京都港区





東京に住んでいながら全く接触の無かった街。
アークヒルズ。

札幌単身赴任が終わってから都心の桜を積極的に撮り出して、
初めてここに立った時に、僕の中では秘密の花園を見つけたぐらいの感動だった。


それだけ田舎者だった訳だが、
あのビルが六本木の森タワーだと思っていたくらいだから、結構笑いものレベルだ。

下のリンクで、先ほど分かったのだが、
アークヒルズ仙石山森タワーと言うらしい。




2018/06/21

六義園の桜 ふたたび

六義園 / 東京都文京区






ここの夜桜もライトアップされており、
ピンクやら紫やら七変化を強要されていた。
色が変わるたびに観衆から歓声が上がる。
でも僕には桜が気の毒に思えてならない。

写真は紫から白へ色が変わるタイミングで。
本来はこの桜の向こう側から光が当たっている。

ちなみに前回投稿の桜とは別物。



2018/06/20

六義園の桜

六義園 / 東京都文京区





東京都内には名園も多く、桜の名所は多い。
昔の自分はあまり都内の桜を見に出かけることをせずに、
もっぱら奥多摩や信州などの山桜を追い求めてきた。

都内の桜の名所に出かけるようになったのは、
心境の変化もあってのことだと思う。
具体的に何がとは思い当たらないが、年齢的なものだろうか。




2018/06/18

小田原城天守閣と桜

小田原城址公園 / 神奈川県小田原市




昨日に続いて小田原城。

此処天守閣ではライトアップされた桜が七変化。
巷で流行りだした夜桜のライトアップだ。


本来の色ではなくライトアップで下卑た色に仕上げられている。
それも、赤系や青系など次から次へと光が当たり、
さくらも気の毒な感じだ。

そこまでしなくても
小田原城の桜は充分綺麗だと僕は思う。



2018/06/17

小田原城の桜

小田原城址公園 / 神奈川県小田原市




週末金曜日の仕事を早く終わらせて向かった小田原城。
担当商圏内の訪問先を金曜日の最後に持ってくることによって、
心置きなく桜を楽しんだ。

堀端の人垣をかき分けて数枚。
馬出門の桜、なかなかの名木だと思う。




 

2018/06/15

雨男の花見

高遠城址公園 / 長野県伊那市





さくらの名所、高遠城址公園。
武田vs織田の激戦地。
懐古園の小諸城と同じような立地だと思った。

この週末を逃したら見る時が無いと勢い込んで向かったが、
前日までの陽気と打って変わり、雨と寒さに体が震える花見となった。

だから、こんな写真。
晴れてればこの先に雪を抱いたアルプスが見えるはず。
雨男とはこんなものだ。

鼻水が垂れるくらいの寒さだが、
それでも名所は物凄い人だかりだった。






2018/06/14

上田城と桜

上田城址公園 / 長野県上田市





大河ドラマのおかげもあって観光客も増え、
上田城も真田一色になってました。

あれから二年だけど。

ところで上田城の桜祭り、今年は初日からイキナリ満開の雰囲気でしたが、
お祭り最終日まで桜はもってくれたんだろうか。。。


尼が淵側から見上げると石垣と櫓がなんとも見事で
威風堂々と見える。

写真を撮ったこのあたりは昔は公園じゃなかった気がする。。。





2018/06/13

桜・前山寺

前山寺 / 長野県上田市





4月の第1週にして、故郷の桜もほぼ満開を迎えた。

今年は異常気象だった。
特にこの週の火曜日以降は異常な暑さで、各地の名所の桜が一斉に開花した。

例年だったらGWに花見帰省なんだが。。。

前山寺は薬医門横にある桜が見どころ。
今期は工事で絵にならない。
そこで、お墓横の桜で我慢する。

もう夕方。
あれこれしてる間に陽が陰りだしてしまった。



 

2018/06/12

桜・小石川後楽園

小石川後楽園 / 東京都文京区




夕方近いこともあり暗めです。

築山の頂上から見下ろせます。
人気スポットなので外国からの観光客も多いです。

頂上は狭いので譲り合って写真を撮ります。



2018/06/11

水戸様公園の桜

小石川後楽園 / 東京都文京区




水戸黄門で有名な水戸藩上屋敷跡。
僕は水戸様公園と呼んでいる。

梅を連想するところだが、この公園は東京都の桜の名所でもある。

風格ある桜の木が並ぶ。

散策道からだと広角レンズがいい仕事をするのだろうが、
持ち合わせがない場合には、
池を越えて築山の中腹あたりから眺めるといい感じに撮れる。



2018/06/08

皇居乾通りにて

皇居乾通り / 東京都




皇居お堀端の桜を見ようと出かけたところ、
期せずして乾通りの一般公開の初日。

滅多には入れないところだから、
勿論入場したのですが、

初日と言うこともあって、盛りはこれから。

とりあえず、元江戸城らしい雰囲気を取り入れるとなると、
お城らしい白壁の塀をバックに入れて撮ってみた。
桜も色白なのであまり映えない(笑)



2018/06/06

桜2018・スタート

修禅寺 / 静岡県伊豆市修善寺




2018年の桜は呆気なく過ぎ去って行った。
楽しみにしていた桜ツアーがGWにはほぼ終了だった。

ということで、今更ながら今年の桜をおさらいしておこうと思う。

3月中旬に修禅寺をスタート。
このさくら修禅寺寒桜(シュゼンジカンザクラ)といって寒緋桜と大島桜の雑種らしい。